massmoss

株式会社WPPCは、地域の間伐材を主原料とした
木質バイオマス燃料である木質ペレットの製造・販売と
木質ペレットストーブ等関連製品、サービスを提供している
Green’s Greenのパートナー企業です。

木質ペレットとは

木質ペレットとは、森林整備等で生まれる間伐材をチップ状に粉砕、
整形してつくられる木質バイオマス燃料です。
カーボンオフセットにより、新たに二酸化炭素を発生させない、
環境にやさしい燃料です。ペレットストーブ等で暖房に使われたり、
工業用のボイラー燃料になります。

石油の里から木質燃料の里へ

新潟市秋葉区は、明治時代は全国有数の出油地帯でした。
大正6年には年産12万キロリットルで、産油量日本一となり、全盛時を迎えた「石油の里」です。
WPPCはこの秋葉地区を本拠地として、
かつて石油を採掘した森の木質資源を有効活用しています。

新潟市秋葉区more Treesの森

新潟市秋葉区の新津丘陵は、森林を保全する団体「moreTrees」と新潟市、
一般社団法人WPPCとの三者協定により国内9番目の
「moreTreesの森」として認定されています。この森から生まれた「木質ペレット」は
グリーンズグリーンの商品の加温育成にも利用されています。